① 品質、納期、原価、生産等の各管理体制は全て「五ゲン主義」の精神に則り、推進することを基本とする。
② 極力顧客の要望に応え、機敏に立上り、コスト競争力の強化、小回りのきく体質保持の強化に努める。
③ スタッフ、ラインの意見、意思の疎通とスピーディーな対処。





明治28年4月(1895年) 先々代・山本梅太郎が転写印刷方法を発明。我が国初めてこの分野での専売特許を得る。
大阪市東区(現・中央区)釣鐘町に本邦初のマーク製造工場を創設。
大正9年10月(1920年)

大阪市城東区鴫野町332番地に本社を移転。
金属工場を増設。大阪造幣局の外注工場2社のうち1社に選定される。
金属マーク、七宝マーク、貴金属工芸品の製造開始。欧米に進出。

昭和12年(1937年) 航空工廠及び航空機メーカーの指定工場となる。
昭和21年4月(1946年)
本社・工場を再建。
ブラザー工業㈱、三菱電機㈱、福助足袋㈱の3社出資による。
昭和39年(1964年) かねてより研究していたインパクト工法に成功する。
同工法によるアルミ材への自転車マークの製造を開始する。
昭和42年4月(1967年) 新社屋建設。フレクションプレス新鋭機械を導入。
昭和51年1月(1976年) 金型製造設備を新設。
昭和58年5月(1983年) 資本金800万円より2,000万円に増資。
昭和62年6月(1987年) 生産性向上及び職場の環境改善を目的として本社・工場隣接地に北館を建設。
昭和62年6月(1987年) 塗装室全面改装と同時に自動塗装ラインを新設。
平成11年2月(1999年) 大型射出成形機550tを設置。
平成18年6月(2006年) 塗装室に乾燥コンベアを設置。
平成19年4月(2007年) 関東営業所を開所。
平成19年9月(2007年) 塗装室の大幅な防塵改修工事。
平成23年9月(2011年) 大型射出成型機 650tを導入。
平成25年10月(2013年) ISO9001:2008、ISO14001:2004取得。
平成26年3月(2014年) YAMAMOTO MARK(THAILAND)CO.,LTD 設立。